株式会社ワンダートーン オフィシャル ウェブサイト

ヘッダーロゴ_final.png

Products/取扱ブランド一覧Products/取扱ブランド一覧スペーサー.pngOnline Shop/通信販売Online Shop/通信販売スペーサー.pngDealers/取扱店一覧Dealers/取扱店一覧スペーサー.pngInformation/お問合せInformation/お問合せ

HOME > TAMA DRIVE series > 球ドライヴのご紹介

球DRIVE

これまでプロミュージシャンのみに提供されていたオーバードライブ”球(たま)ドライブシリーズ”。

 一人で設計~製作まで全てを行っており、”良いパーツが手に入らなければ、手に入るまでは作らない”というエンジニア魂全開のハンドメイド・エフェクトペダルです。

球DRIVE

「球(チューブ)の様なサウンドが出るというよりは、球のアンプとのマッチングを考えて作成されたエフェクト。」

チューブアンプが持つ、”ナチュラルなオーバードライブサウンド”は当然の如く素晴らしいものである。しかしながら、音量問題等、如何なるシチュエーションにおいても、そのサウンドを再現するのは難しい。

”球ドライブシリーズ”は俗にいう「○○アンプのようなサウンドが出る。」というものではなく、プレイヤーの使い勝手を考慮したエフェクトである。

By Nozzy @ I.M.I LIGHTS

111215_cinema-staff_vocal_265.jpg
飯田瑞規(cinema staff)
cinema staff公式サイト

人気急上昇中!”cinema staff”の飯田 瑞規氏も愛用しています!

球ドライブシリーズの『球乙女』を使用させてもらってます。この『球乙女』は自分のサウンドにとって無くてはならないエフェクターになっています。普段のライブではブースターとして使っていますが、凄く素直に気持ち良い音が出ます。設定もしやすいかと思います。

レコーディングでも使用していまして、アンプで歪ませてクリーン気味の音が欲しい時、コンプレッションが浅めなので、ゲインやボリュームのつまみを下げて使用したり、もちろんそのままメイン歪みとして使用したり、本当に色々な場面で活躍してます。相性良好でございます。

さすがあの音にこだわりが強く、見た目がやや恐いNozzy氏の作るエフェクターという感じです。見た目は関係ないか。とにかく気になられた方は是非試奏をお勧めします。

ラインナップ

TMT-01 球太郎TMT-01 球太郎
TMT-01 球太郎

TMJ-01 球二郎TMJ-01 球二郎
TMJ-01 球二郎

TMO-01 球乙女TMO-01 球乙女
TMO-01 球乙女